話題のトピックをわかりやすくお伝えします!

興味津々-話題のTOPIC-

美容と健康

朝食抜きのウソ・ホント。メリット・デメリットを比較!

更新日:

d68e14600d840d2df30a3b8f7e5bf7f5_s

あなたは毎日、朝食を食べていますか?

・1日のはじめにしっかりと食べないとエネルギーが出ない?
・朝食を食べている児童のほうが、学校の成績がよい?
・1日2食はお相撲さんの食事。朝食を抜くと太る?
・朝は排泄の時間だから、消化器に負担をかけないほうがよい?
・ダイエットは摂取カロリーを減らせばいいから、朝は食べない?

朝食を抜く、1日2食については、様々な意見があります。健康に良いという情報もあれば、悪いという情報もあります。痩せるという意見もあれば、太るという意見もあります。

朝食を抜くことは良いことでしょうか?悪いことでしょうか?

結論から言うと、どちらも正解。それぞれにメリット、デメリットがあります。ただし、朝食抜きの情報には多くのウソ・ホントがあります。

結局のところ、朝食を抜くことが、自分にあっているかどうかが大切です。メリット、デメリットをまとめましたので、参考にしてみてください。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

朝食抜きのメリット・デメリット

ff96e1a6675c9718cdf81cac34c16c8b_s

メリット

・朝は忙しいから、朝食を抜くと時間短縮になる。経済的な負担も減る。

・食事を取ると、消化にエネルギーを取られる。朝食を抜くと、頭が冴える

・一日三食では胃をはじめとする消化器官が休む時間がない。朝食を抜くことによるプチ断食で、消化器官を休ませることができる。

・結果的に摂取カロリーが減る傾向にあり、ダイエットになる。

・朝は排泄がすすむ時間なので、食べることによって排泄を妨げることを防げる

デメリット

・空腹の時間が長くなるため、体が枯渇状態になり、次の食事のときに、体は栄養をより溜め込もうとする

・朝食を抜くとお腹が空くため、昼食や夕食の量が多くなりがちになる。

・食べると体温や代謝が上がるので、朝食を抜くと体の活動が活発になるのが遅れる

・胃に何も入っていない状態が続くと、胃酸により胃が荒れた状態になる

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

朝食抜きのウソ・ホント

朝食を抜くと太る?

1日の摂取カロリーが同じであれば、1日3食も2食も同じです。朝食を抜いたら痩せる、太るということに科学的な根拠はありません

ただし、朝食抜きのデメリットにもあげましたが、朝食を抜くことによって、昼食や夕食のカロリーが高くなる傾向があるようです。

体の大きなお相撲さんが2食だから、2食にすると太るということもいわれたりしますが、ただ単にお相撲さんは食べる量が違う、つまり摂取カロリーが多いから太るのです。

朝食を食べている生徒のほうが成績が良い?

こちらはウソというより、他にも成績に関係する原因があるということです。また、朝食に関する多くの実験では朝食を食べる習慣がある人だけを対象にしていたり、実験の条件に不備があることがあります。

そして、朝食を食べない習慣の子供の多くが、大変不規則な生活を送っている傾向があることがわかっています。朝食を食べる、食べないが成績の直接的な原因では無いということです。

まとめ

何事にもメリット・デメリットはあるものです。

朝食を抜くということが、自分にあっているかどうか、よく考えて実行するといいでしょう。

情報に惑わされないことが大切ですね。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-美容と健康
-, , ,

Copyright© 興味津々-話題のTOPIC- , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.