話題のトピックをわかりやすくお伝えします!

興味津々-話題のTOPIC-

春のイベント

絶景!ひたち海浜公園のネモフィラの丘の見頃はいつ?渋滞、混雑が予想されるので注意!

投稿日:

5648913995_3687e7794a_z

「死ぬまでに1度は行きたい絶景」として、紹介されることもある国営ひたち海浜公園のみはらしの丘

春には、450万本ものモネフィラが3.5ヘクタールの土地に植栽され、丘の向こうに見える海とあいまって、まさに絶景といえる光景が広がっています。

ゴールデンウィーク中には50万人を超える人出がある、国営ひたち海浜公園。ネモフィラの見頃や見所、アクセス方法など、行く前に知っておきたい情報をまとめました。渋滞や混雑を避ける方法もありますので、最後までご覧ください。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

国営ひたち海浜公園の概要

茨城県ひたちなか市にある、国が運営する国営公園。公園の総面積は350ha、そのうち開園しているエリアは191.9haとなり、東京ドーム約41個分となる広大な公園です。

公園内は西から「樹木エリア」、「みはらしエリア」、「西口エリア」、「草原エリア」、「プレジャーガーデンエリア」、「砂丘エリア」、「南口エリア」に分かれ、自然を中心としたさまざまな体験ができます。「プレジャーガーデンエリア」では観覧車やジェットコースターなどの施設もあります。

四季折々、さまざまな花々が楽しめますが、春に見頃を迎えるネモフィラが咲いているのはみはらしエリアの「みはらしの丘」です。

入園料:大人410円、子供80円
開園時間:3月1日~7月20日 9:30~17:00
3月26日〜5月31日の期間は毎日開園、5月5日は小中学生が無料で入園できます。

※その他の期間、詳細につきましては公式ホームページでご確認ください。

園内は広大ですので、1日500円のシーサイドトレイン、レンタサイクルもあります。また自転車の持ち込みも可能となっています。

ネモフィラの見頃と見所は?

ネモフィラの見頃は?
ネモフィラの開花時期は、例年通りですと4月下旬から、5月の中旬頃。ちょうどゴールデンウィーク中が見頃となります。開花が近くなると、ひたち海浜公園のHPで詳細な開花状況のお知らせがありますので、確認してみてください。

見所は?
ネモフィラが見渡すかぎりに咲く「みはらしの丘」は、一度は見たい絶景ポイントです。大きな空、広がる海、一面のネモフィラと、青の世界が広がります。「日本とは思えない光景」と感想をもつ方も、多いのではないでしょうか。

行き方は?

電車、バスを利用する場合

JR常磐線「勝田駅」が最寄りの駅。電車を降りてからは茨城交通バスに乗り、「海浜公園西口」で下車。約20分ほどの所要時間です。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

マイカー利用の場合

常陸那珂有料道路「ひたち海浜公園IC」を降り、交差点を左折して西駐車場へ。ひたち海浜公園の駐車場は西駐車場2000台、南駐車場2000台、海浜口駐車場が350台駐車可能ですが、ネモフィラの丘に一番近いのは西駐車場です

「ひたち海浜公園IC」が混雑している場合は、通過して次の「常陸那珂港IC」で降り、迂回してください。一旦北上し、公園沿いに半周りします。

常磐自動車道を利用する場合は、「日立南太田IC」から約15km、もしくは「東海スマートIC」より約13kmで到着です。

混雑具合は?

休日とネモフィラの見頃が重なると、やはり混雑してしまいます。昼ごろにはかなり渋滞し、駐車場に停車する時にも混みますし、入園券を買うための券売機も混みます

https://twitter.com/89takeo/status/595002066650566656

混雑を避ける方法としては、やはり朝早くの到着で駐車場にとめるか、もしくは公共交通機関を利用するかです。

茨城交通では勝田駅からのバス料金と入園券がセットになった1日フリーパスを発売しています。また、ひたちなか海浜鉄道では、阿字ヶ浦駅から公園までの無料の「ネモフィラシャトルバス」運行とともに、「海浜公園入園券付湊線1日フリー切符」などを発売しています。

いずれも入園券とのセットになっていますので、券売機で待つ必要がありません。こちらを利用するのもオススメです。詳細は各交通会社のHPで確認してみてください。

まとめ

まさに絶景が広がる国営ひたち海浜公園のネモフィラの丘。天気の良い日に是非、行きたいですね。

公園内はシートを広げるようなスペースが、アチラコチラにあります。お弁当を持参して、自然の中で食事を楽しむのもいいですね。

ゴールデンウィークは茨城県ひたちなか市の「花の楽園」に足をのばしてみてくださいね。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

 

-春のイベント
-, , ,

Copyright© 興味津々-話題のTOPIC- , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.