話題のトピックをわかりやすくお伝えします!

興味津々-話題のTOPIC-

美容と健康

体内時計が狂うと疲れが回復しない!薬にたよらず整える方法

投稿日:

8635ec3a52a973fd386d51894647f4a1_s

睡眠は疲労を回復する最も大切な方法です。

しかし、しっかりと寝ていても
疲れが取れていないことってありますよね。

頭がボーっとする
全身がだるい
気分が沈みがちだ

寝ていても、こんな症状があるなら
質の良い睡眠がとれていないのかもしれません。

質の良い睡眠をとるために大切なのが
体内時計」がしっかりと働いていること。

心と体の覚醒と休息を司る体内時計が狂うと
疲労を回復するはずの睡眠がうまくとれなくなります。

慢性的に疲れているなら
自分の体内時計が乱れていないかチェックしましょう。

病院にいかなければならない状態でしたら
体内時計を調整する薬も処方されると思いますが、
自分でできる方法を紹介します。

体内時計を調整する方法

体内時計はもともと人間に備わっているものです。
ですので、その調整というのは本来あるべき状態に戻すということです。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

日光を浴びる

動物には太陽が登っている間に活動するものと
日が沈んだ夜間に活動するものがいます。

人は昼間に活動する昼行性の生き物です。

私たちの体は日の光を浴びることによって、
睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されます。

メラトニンは自然な睡眠に導く働きのあるホルモン
日の光を浴びると分泌が止まります。

そして目覚めてから14~16時間に分泌されはじめ、
体が休息の状態に入っていきます。

日光を浴びない状態や、夜に強い光を浴びていると
メラトニンの分泌が乱れ、覚醒と休息のリズムが乱れます。

日光を浴びることで体内時計をリセットし、
日中は活動的に、夜は休息に適した状態に整えることができます。

夜勤はダメ?

夜勤がある仕事をしている人はどうすればよいでしょうか。

やむを得ないことですが、
体内時計の調整は非常に難しくなります。

ただし休日など、できる日だけでもよいので
日光を浴びて良いリズムで生活しましょう。

疲労回復の度合いがかわってきます。

休日に遅く起きるのはダメ?

また、普段は朝早く起きている人でも
仕事のない土日は遅くまで寝ているという人もいるでしょう。

たしかに休日にゆっくりできるのは嬉しいものです。
しかし、これが体内時計を狂わしてしまうのです。

休日に普段より遅く起きるのは、30分以内にしましょう。

それ以上になると体内時計が狂い、
夜に寝られなくなったり、余計に疲れてしまう原因になります。

朝、起きて「まだ眠いなあ」と感じるなら、
昼寝の時間を取るのがよいでしょう。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

朝ごはんを食べる

人間の体内時計は消化器官とも関係しています
食事をするとインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは体にエネルギーを取り込む働きをしていますが、
体内時計を調節する役割があることがわかっています。

朝ごはんを食べることで体内時計が働き、体が覚醒するのです。

また、食事をすると体温が上昇し、
活発に活動することができる体勢が整います。

特にタンパク質を摂取すると効果的です。

朝が早くて忙しい人は、
ゆで卵だけでも食べるようにすると良いでしょう。

適度な運動を心がける

体の筋肉とも体内時計は関連します
体を動かすことで生活のリズムを整えることができます。

睡眠は体温と深い関係があり、
寝る前には体の体温は下がっていきます。

逆に、一番高い時間は19:00から20:00ごろ。

それまでに運動し、体温を上げておくことで
より質の高い睡眠が得られるようになります。

まとめ

・体内時計が狂うと質の良い睡眠がとれなくなる
・朝を起きて日光を浴びる習慣をつける
・朝ごはんを食べて、体を覚醒させる
・適度な運動で体温を上げる

1日は24時間ですが、
体内時計は24.5時間周期だと言われています。

ですので、毎日、体内時計をリセットしないと、
30分ずつずれていってしまいます。

体内時計が狂う原因は生活習慣にありますので、
できることから実践して、気分のよい毎日を過ごしましょう。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-美容と健康
-, ,

Copyright© 興味津々-話題のTOPIC- , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.