話題のトピックをわかりやすくお伝えします!

興味津々-話題のTOPIC-

美容と健康

足を組む理由は?楽だけど悪影響があるって知ってる?

投稿日:

9cd2d22134d0b15820644edeaed8a828_s

電車なんかで座っていると
何故か足を組みたくなりませんか?

周りをみると男性でも女性でも
足を組んでいる人がいますよね。

男性ならクールに、
女性ならセクシーに見えるかもしれません。

でもなぜ足を組みたくなるのでしょう
その理由と足を組むことによる影響について、ご紹介します。

知っていましたか?
足を組むことによって、あなたの体に様々な影響があるんですよ

足を組みたくなる理由は?

座ると足を組みたくなる理由。

それは両足を地面につけているより、
足を組んでいるほうが楽な姿勢だからです。

では、なぜ足を組むのが楽なのか?

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

血の巡りが良くなる

私たちの体には血液が循環しています。

全身の隅々まで血管がはり巡らされているわけですが、
心臓から送られた血液は行ったきりではなく、戻ってこなければなりません。

足先へ血液が送られる時、
帰りは重力に逆らって登ってくることになります。

そのため足は血液が滞りやすく、
むくんだり、冷えたりすることが多いのです。

座って足を組むと、上になった足は
より心臓に近づくことになります。

少しでも高い位置に上げることで
血の巡りがよくしようとしているのです

血の巡りがよくなると、
やはり楽と感じるのでしょうね。

足にかかる負荷を軽減する

そしてもう一つの理由は、足に負荷をかけないためです。

座っている時でも、足には多少の負荷はかかっています。
足を組んで、片方の足だけでも負荷から解放した方が楽なのです。

もちろん足を組むと、下になった足にはより負荷がかかります。
しかし、それでも無意識に楽になりたいと感じるのでしょう。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

足を組むことによる悪影響

足を組むと足の血の巡りが良くなったり、
足にかかる負荷が軽減されます。

しかし片足の足を上にしているわけですので、
やはり不自然な姿勢なのです。

そのため、足を組む癖があり長時間続けていると
体に悪い影響がでてきます

体が歪む

足を組むと骨盤が歪みます

まっすぐ座っているようでも
重心が一方にかかっているからです。

骨盤が歪むと、その影響は背骨や首に広がっていきます。

体の歪みが血液やリンパの流れを悪くして
体がむくみやすくなります。

結果として、足が太くなったり
顔が大きくなったり、太って見られるのです。

腰痛や肩こり

体の歪みはむくみだけにとどまりません。
腰痛の原因になったり、肩こりがひどくなったりします

腰に負担のかからない座り方は骨盤を立てること。
足を組んだ状態で骨盤を立てるのは楽ではありません。

どうしても骨盤は寝て、一方に重心がかかります。
足を組むのは、腰に負担の多い座り方なのです。

また、背骨が歪むと肩甲骨がねじれ、
肩こりの原因にもなります。

まとめ

・足を組みたくなるのは足に負担がかかっているから
・足を組むと、骨盤が歪み、体が歪む
・体が歪むとむくみや腰痛、肩こりの原因になる

足を組むほうが楽だから足を組んでいるわけで
やめるのはなかなか難しいです。

でも、太ったり、腰痛になったり、
肩こりになったりすのはイヤですよね。

デメリットが多いので、
是非、足を組む癖をやめるようにしましょう。

普段から骨盤を立て、
背筋を伸ばして座ることを意識してみましょう。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-美容と健康
-, , ,

Copyright© 興味津々-話題のTOPIC- , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.